【書評】フルリモートワーカーの文章術【THE FORMAT】

  • 2022年12月17日
  • 2022年12月17日
  • 仕事
  • 1view

はじめに

現在、フルリモートで働くことが当たり前になっています。
そのような働き方では、チャットだけでコミュニケーションを取ることが困難であり、仕事の効率が落ちると感じる方も少なくありません。
そのような問題の原因は、フルリモートであるということではなく、文章術にあるかもしれません。
本記事では、フルリモート時代におけるチャットの文章術を紹介する書籍「THE FORMAT」を紹介します。
働き方をフルリモートにしている私自身も、相手に伝えたいことがあまり伝わっていない、または、相手の指示がわかりにくいといった問題に出会ったことが多々あります。
そこで、フルリモートでもよりスムーズなコミュニケーションを取るための文章術が知りたいと思い、「THE FORMAT」を読んでみました。

本の概要

本書にはリモートワークの時代に要求される「文章力ゼロでも、スラスラと、誤解のない文章が書けるようになる9つのフォーマット」が載っています。

勉強になったポイント

状況に合わせたフォーマットとチャットコミュニケーションのテクニックが紹介されています。フォーマットを3つ引用します。

確実に伝わる万能フォーマット

この文章を何のために書くのか?
この文章を誰が読むのか?
今日相談したいこと
現状はこうなってます
問題はこれです
こういう対策をしようと思ってます
判断してほしいこと
いつまでに返事が欲しいか

THE FORMAT

方針を決めるための相談フォーマット

今日のゴール
メリット
デメリット
議論すべき点

THE FORMAT

指示が伝わるフォーマット

この文章を何のために書くのか?
誰が読むの?
この仕事のゴール、目的
具体的に頼みたい仕事
注意してもらいたいこと
必要なデータ
疑問や質問がある場合
この仕事の期限

THE FORMAT

チャットを送る前に、上記のフォーマットに沿って構成を作り、それをもとに文章を作成することで、より明確でわかりやすい相談ができるようになります。
ぜひ、このようなアプローチを試してみてください。

フォーマットの他にも、本書では10個の文章テクニックも紹介されていました。
本記事ではそのうちの2つを引用します。

事実と印象と意見を分ける

わかりやすい文章を書くためには事実と意見を分けることが大切です。

解釈が分かれそうなら定義を決めて書く

言葉の定義が異なることによって誤解が生まれる事例も多々あります。
解釈が分かれそうな言葉を使うのであれば、最初に定義を宣言しましょう。

フルリモートでもよりスムーズなコミュニケーションを取るための文章術を知りたい方はぜひ本書をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!
>ブロックチェーンゲーム入門書の決定版!

ブロックチェーンゲーム入門書の決定版!

本サイト管理人が執筆。

CTR IMG