【クリスペ】ブロックチェーンゲームCryptospells(クリプトスペルズ)の効率的な始め方・遊び方・稼ぎ方を丁寧に解説!【2021年最新版】

こんにちは、廃猫です。

初心者猫

クリプトスペルズに興味はあるけど難しそう
効率的な遊び方を知りたい
稼げるって聞いたけど損はしたくない

上記のような疑問をお持ちの方に向けて、『クリプトスペルズ(以下、クリスペ)』の始め方・遊び方・稼ぎ方をわかりやすくお伝えします。

目次

クリスペとは?

『クリプトスペルズ』は、カードゲームです。プレイヤーは30枚のデッキ(バトルで使うカード群)を組み、コンピュータやプレイヤー相手に戦います。1枚1 枚のカードをプレイヤー同士で売買できます。そして、自分のオリジナルカードを作ってバトルする新しい体験が特徴です。正式リリース後、2 週間の売上が約3,000 万円を突破し、国内ブロックチェーンゲームでは当時の最高記録となりました。

運営会社CryptoGames株式会社
ジャンル対戦型オンラインTCG(トレーディングカードゲーム
リリース2019年6月
価格無料
公式サイトhttps://cryptospells.jp/

クリスペの始め方

それでは、実際にクリスペを始めてみましょう。
クリスペはスマートフォンでも遊べますが、パソコンでのプレイが推奨されています。そのため、パソコンの登録手順を見ていきます。
ブラウザはGoogle Chromeがおすすめです。

まずはクリスペの公式サイトにアクセスしましょう。

クリスペの公式サイト

「ゲームを始める」の下に「ツイッターかEmailで登録」ボタンがあります。

まずはツイッターかEmailで登録を選びましょう。

※ウォレットを既に持っている人は、「ゲームを始める」ボタンを押して登録してください。

Q
ウォレットとは?
A

ウォレットとはオンライン上の財布です。暗号資産(仮想通貨)やゲーム内のアセット(資産)を管理できます。ブロックチェーンゲームで外部のマーケット(カードの売買をするサイト)を使う際には必要になるため、必要に応じて作っていきましょう。最初はウォレットがなくても遊べます。

クリスペ 新規登録の方法

このような画面になりますので、TwitterかEmailで登録します。

Twitterで新規登録を押すと、Twitter連携画面になります。

その後プロフィールの入力に移ります。

招待コードを入力すると、ランダムでカードが手に入る採掘(ガチャ)を20回引けるようになります。
よろしければ廃猫の招待コード「Q1uN(キュー・イチ・ユー・エヌ)」を入力して使ってください。

Q
Twitter と メール登録はどちらがいいのか?
A

おすすめはTwitterです。Twitterで登録すると、カードをGETしたときや、新しいカードを作ったときに呟くことができます。勝手につぶやかれることはありません。Emailですとたまにクリスペのニュースをまとめたメールが届きます。Twitterで登録しても後からメールアドレスを登録することは可能です。

Q
A

完了を押すと、登録完了です。

クリスペの遊び方

まずはチュートリアル(スタートダッシュミッション)に挑戦しよう

登録が終わると、チュートリアル(スタートダッシュミッション)が始まります。

まずは、このミッションを順番にやっていきましょう。

ミッションが終わって最初にやることは下記の流れになります。

[毎日]デイリーミッションをする

デイリーミッションをおこなうことで採掘チケットが手に入ります。内容は毎日変わります。例:フリーバトルで1勝する

採掘(ガチャ)をしてカードをゲットする

フリーバトル(コンピュータや他のプレイヤーと対戦)やミッションをクリアすることでプレイヤーのレベルが上がります。レベルが上がると採掘(ガチャ)チケットがもらえます。採掘で新しいカードを手に入れましょう。

デッキ(バトルで使うカード群)を変更する

新しいカードをゲットしたら、デッキに新しいカードを取り入れてみましょう。

[毎日1回]クエストをする

毎日1回、クエストに挑戦することができます。クエストをクリアすると、稀に「アイテムのかけら」を落とします。「かけら」を3つ集めると、他のプレイヤーに売ることができるアイテムに変換できます。

月間ミッションやチャレンジミッションに挑戦しよう

ミッションにはデイリーミッションの他に月間(1ヶ月でリセット)ミッションとチャレンジミッションがあります。採掘チケットやカードが手に入るため挑戦しましょう。

次にクリスペの基本となるバトルについて説明します。

バトル画面の見方

バトル画面では、様々なバトルが用意されています。

QUEST(クエスト):毎日1回挑戦できるコンピュータとの対戦です。
※クエストの練習モードは何回でも挑戦できます。
※レアカードを沢山持っていると、1日最大3回まで挑戦できるようになります。
FREE(フリー):プレイヤーやコンピュータと戦います。
RANK(ランク):毎日夜の1時間プレイヤー同士で戦って強さを数値化したレートを競います。
※強さを数値化したレートが一定数以上にあがると、次月に報酬としてカードがもらえます。報酬のカードは毎月変わります。
COLISEUM(コロシアム):ユーザー主催で大会を開いたり参加したりすることができます。
※クリスペ公認の大会になれば、主催者と参加者の一部にカードが配布されます。
CUSTOM(カスタム):友達と対戦したいときに、1対1の対戦部屋を作ることができます。

最初はクエストの練習モードでバトルのルールを知り、慣れてきたらフリー対戦でユーザーと戦ってみましょう。

右側の押せなくなっている(グレーアウトしている)メニューは、期間限定のバトルになります。

Challenge Cup(チャレンジカップ):3日間の特定時間限定のレートを競うバトルです。上位に報酬と、次に紹介するギルドバトルの参加資格が与えられます。
Guild Battle(ギルドバトル):ギルド同士の代表30名による名誉をかけたバトルです。毎月の月末に2時間開催されます。

バトルの操作方法

ここでは実際のバトルの操作方法を画面をもとに説明します。

STEP1.『クエスト』でコンピュータと戦ってみよう

先ほどのバトル画面でクエストを選んでみましょう。

クエストには練習モードの『図書館』と曜日ごとのクエストに分かれています。
曜日ごとのクエストは毎日1回だけ挑戦できます。『図書館』は何回でも挑戦できるため、存分に練習しましょう。

難易度を選ぶことができます。最初は初級から始めましょう。
初級では、相手の体力が5のため、比較的簡単に勝つことができます(通常は25)。

STEP2.自分のキャラクター(『リーダー』)を選択しよう

自分の使うキャラクター(リーダー)を選びましょう。こちらは毎バトル毎に選ぶことができます。リーダーによって、赤、青、緑、白、黒 に分けられており、それらを文明と呼びます。文明によってカードに傾向があります(詳しくは後述)。
カードには、どの文明にも入れられる中立カードと、固有の文明にしか入れられない文明カードに分かれています。

リーダーのアイコンの下のポイントは、対戦した時に得られるバトルポイントを示しています。バトルポイントを得るとレベルが上がり、レベル上がると採掘(ガチャ)チケットが1枚もらえます。
(ただしクエストではポイントは得られません)

バトルポイントは勝率などをもとに、更新されていきます。強すぎる文明があると、バトルポイントが下がるので、みんな他の文明を使う仕組みになっています。初心者にはわかりやすく強い赤文明(一番左)のリーダーがおすすめです。

STEP3.最初に手札に来るカード(『クリプトスペル』)を選ぼう

リーダーを選ぶと、最初に手札に来るカード(クリプトスペル)を3つの中から1つ選択します。
『クリプトスペル』はあらかじめデッキに3種類入れることができ、相手に合わせて選択できるカードです。手札に選んだカードが追加され、1度だけ使うことができます。
たとえば、相手が赤文明の場合は、バトルの前半を重視して一番左のカードを選びます。相手が緑文明や黒文明などカードを多数展開してくる場合は真ん中のカードを、相手が青文明や白文明の場合は一番右のカード、というように使い分けます。

STEP4.手札の引き直し(『マリガン』)をしよう

『クリプトスペル』を選んだあとは、手札の引き直し(マリガン)を行います。マリガンとは、もともとゴルフ用語でミスした時にもう一度だけやり直して良いことを指します。クリスペでは、最初に手札候補の3枚が提示され、そのうち好きなカードをデッキに返し、別のカードに交換することができます。たとえば赤デッキだとバトルの前半から動きたいため最初の手札では1,2コストを確保したいですね(コストとはカードの左上に書いてある数字で、数字が少ないほど早く使うことができます)。

デッキに戻したいカードを選択してOKを押すと、新しい手札でゲームが始まります。

今回は4コストを2枚デッキに返しました。

新しい手札が来ました。これでバトルスタートです。

STEP5.画面の見方を理解しよう

バトルが始まりました。先行でこちらのターンから始まります。手札は最初に選んだ『クリプトスペル』が1枚、『マリガン』で選んだ3枚、ターン開始時の1枚ドローで計5枚スタートです。まずはMP(『マナポイント』) 1/1 という部分に注目してください。 この『マナポイント』が、毎ターン1上がっていき、『マナポイント』を使うことでカードを使うことができます。1/1の右の数字が最大値を、左が現在の残っている『マナポイント』を表します。

カードは背景が黒の数字(左上)が『コスト』を表し、カードを使う場合はこのコスト分『マナポイント』を使います。左下の青が攻撃力、右下の赤が体力です。体力が0になるとそのカードは破壊され使えなくなります。

今回は1コストのカードが手札になかったため、何もできません。何も行動ができなくなったら、ターン終了を押しましょう。すると相手のターンが始まります。相手のターンではこちらは何もする必要はありません。

STEP6.カードを召喚しよう

相手のターンが終わり、自分のターンになりました。マナポイントが2に増えたことで、手札の2コストのカードを使うことができます。使えるカードは緑色に光ります。カードを使うときは、そのカードをドラッグ&ドロップで自分の目の前の『フィールド』に持っていくか、ダブルクリックすることで使うことができます。基本的に、場に出したばかりのカードは攻撃できません。『速攻』という能力を持っているカードであれば、場に出したターンに攻撃することが可能です。カードには相手が出しているようにフィールドに残る『ユニット』と、クリプトスペルのように使ったら消えてしまう呪文(『スペル』)に分かれています。呪文(『スペル』)には攻撃力と体力が書かれていません。

STEP7.バトルの勝利・敗北条件を理解しよう

相手のターン、相手はこちらのリーダー(自分自身)を攻撃してきました。リーダーの右上に書いてある数字が『ライフポイント(LP)』です。相手のライフポイントを0にすれば勝ちです。自分のライフポイントが0になれば負けです。また、『バトルで使えるカード群30枚(デッキ)』がなくなりカードが引けなくなっても負けです。

STEP8.相手のカードに攻撃しよう

次はまた自分のターンです。攻撃できるカードは、緑色に光ります。カードの攻撃には2種類あります。相手のフィールドのカードを攻撃するか、相手のリーダーを攻撃するかです。状況に応じて攻撃先を変えていきましょう。ただし、相手に『前衛』の能力を持つユニットがいる場合、その『前衛』のカードを倒さなければ、相手のリーダーに攻撃できないため注意しましょう。今回は、こちらの攻撃力1、体力1のカードで、相手の攻撃力2、体力1のカードに攻撃しました。攻撃した場合はどちらも相手の攻撃力分ダメージを受けます。今回は相手のカードを攻撃しましたが、相手のライフポイントは5しかないため、相手に攻撃するのも有力です。

STEP9.最初に手札に来るカード(『クリプトスペル』)を使おう

この場面になりました。相手のライフポイントは4、こちらのカードの攻撃力は1です。手札には4コストで味方カードの攻撃力を+3する『クリプトスペル』があります。『クリプトスペル』を使ってみましょう。使い方は一緒で、ドラッグ&ドロップで発動し、対象選択が必要な場合は対象のカードをクリックすることでカードを使うことができます。

STEP10.相手のリーダーに攻撃してバトルに勝とう

味方カードの攻撃力が4になったので、相手のリーダーを攻撃しました。相手のライフポイントが0になったので、バトル勝利です。
最初は新しい概念ばかりで難しく感じますが、慣れると楽しくなってきます。

これでバトルの説明は終わりです。ここからは更にクリスペを楽しむための要素について説明します。

各文明の特徴と使う文明の選び方

各文明の特徴を紹介します。

『速攻(アグロ)』の赤文明

赤文明はアグロと呼ばれる、ゲームの前半(序盤)からコストの低い(軽い)カード(ユニット)をどんどん出し、自分から攻撃を仕掛けていく速攻タイプです。相手リーダーにダメージを与えたり、カードの攻撃力を強化してガンガン相手リーダーにダメージを与えて勝利を目指すスタイルが主流です。

『支配(コントロール)』の青文明

青文明は攻撃よりも妨害に主軸を置き、ゲームの流れを支配します。ボトルと呼ばれる様々な効果のあるカードを手札に加えたり、相手のカードを別のカードに変えたり、手札に戻したりとちょっと変わった能力のカードを使いこなす文明です。展開は遅いですが、相手を思うように行動できなくさせる(息切れさせる)ことができます。

『組み合わせ強化(コンボ)』の緑文明

コストの低いカード(小型)をどんどん召喚し、強化(バフ)をしていくスタイルが主流です。種族に特化したデッキも作りやすいです。手札から『速攻』とバフを組み合わせて一気に大ダメージを狙うことも可能です。

『大型カード召喚(ランプ)』の白

白はランプと呼ばれる、序盤でリソース(マナ)をため、高コストのカードを召喚し、その強さで勝つスタイルが主流です。またリーダーの回復や前衛のカードも多いです。最近では、緑文明のように種族『天使』を固めて天使を強化していくコンボのスタイルも強くなっています。

『弱体化(撹乱的アグロ)』の黒

黒文明は相手を弱体化したり、墓地の枚数で効果が発動したりするタイプで、1枚1枚のカードが強力です(フィールドの制圧力が高い)。『クリプトスペル』も含め9コストに強いカードが集まっており、終盤に圧倒的な力を発揮します。

文明の選び方

初心者にお勧めの文明は赤文明です。強いカードを買えなくても充分に戦えます。なぜなら赤文明はゲームの前半に相手のライフポイントを削るため、相手が高コストの強いカードを出す前に勝負が終わることが多いからです。
とは言っても最終的には自分の好きな文明を選ぶのが一番楽しいと思います。
文明の強さは、毎月カードが新しく追加されていくため、日々変わっていきます。1文明か2文明に絞って遊んでいる人が多い印象です。まずは初期デッキ(バトルで使えるカード群30枚)に手に入れたカードを入れて遊んでみて、自分が楽しい文明を選んでみましょう。

ギルドで交流し、戦おう

ギルドとは?

ギルドとは、『クリプトスペルズ』内に5 つだけあるチームのことです。どのギルドに入るかはプレイヤーが毎月(毎シーズン)選ぶことができます。『クリプトスペルズ』では1ヶ月を1 シーズンとして、毎シーズンに決まった行事があります。

ギルドについては詳しく下記の記事で紹介しています。
詳細→クリスペ|ギルドの仕組みをギルドマスターが徹底解説!

クリプトスペルズの稼ぎ方

ここからはクリプトスペルズの稼ぎ方について紹介していきます。正直に言いますと、ブロックチェーンゲームで稼ぐにはまだまだプレイヤー数が足りていません。しかしこれからプレイヤー数が増えていけば、ブロックチェーンゲームだけで生活できる人が増えてくると思います。

無課金で稼ぐ方法

まずは無課金で稼ぐ方法から紹介します。無課金で稼ぐ主な方法は、カードを手に入れるか、アイテムを手に入れて販売する形になります。ここではカードの入手方法を紹介します。

1.採掘(ガチャ)

フリーバトルでバトルポイントを稼ぎ、レベルが上がると採掘(ガチャ)チケットが1枚もらえます。採掘にはノーマル採掘とギルド採掘があります。採掘では、ブロンズカードと低確率でシルバーカードが当たります。また、ごくごく稀に『レジェンド魔石』という高価な価格(数万円)で取引されるカードも当たります。

Q
魔石とは?
A

魔石はカードをプレミアム化させるカードです。プレミアム化させると下記の右画像のようにカードの周りに装飾がつきます。バトルのときに相手を威圧することができます(強さ的な価値はありません)。

2.ゲーム内ショップ

カードはゲーム内ショップで購入も可能です。定期的に新しいカードが運営から販売されます。こちらはゲーム内通貨で購入する必要があります。

3.ゲーム内マーケット

ゲーム内マーケットでプレイヤーから購入することも可能です。ゲーム用の通貨(SPL)が必要です。

4.ゲーム外マーケット

ゲーム外マーケットで購入することも可能です。日本円やETH で取引されています。こちらはmagi というトレーディングカードゲーム専門のアプリでの取引です。メルカリのカード版です。

5.コラボ

ブロックチェーンゲームはマーケティングの一環としてコラボキャンペーンでカードを配布することがあります。発行枚数が少ないこともあるため、キャンペーンは積極的に応募していきましょう。基本的に公式のTwitter をフォローしておけば大丈夫です。公式Twitter

6.イベント主催・参加

大会を簡単に開催することができます(コロシアム機能)。参加者を一定数集めた大会には、運営から主催者と参加者数名に特別なカードが提供されます。そのため、日々さまざまなイベントが開催されており、参加してカードを手に入れることができます。

課金して稼ぐ方法

ここまでは無課金からお金を稼ぐ方法でしたが、ここからは課金をして(主にカードを購入して)稼ぐ方法を紹介します。

大会報酬をゲットする

下記のイベントがありそれぞれ上位には報酬としてカードや賞金が提供されます。お金がかけられる人は、強いカードで強いデッキを作り勝ち上がることで稼ぐことができます。

・ギルドリーグ戦(半年に1 回開催)
・チャレンジカップ(毎月3 日間開催)
・公式大会(3ヶ月に1回)
・毎日ランク戦(毎日1時間開催)

ひと月に1回開催されるチャレンジカップに参加できます。ゴールド級とレジェンド級に分かれており、上位入賞することで賞品を得ることができます。どちらか一方に参加した場合、もう片方に参加できなくなります。

転売

マーケットでの売買が盛んなため、相場を把握しマーケットに張り付けば、安く買って高く売ることで稼ぐことが可能です。次に紹介するギルドストックの販売で140万円稼いだプレイヤーもいます。

ギルドストックを購入する

ギルドストックというアイテムを保有していると、継続的にプレイヤーの課金額(15%)に応じてお金が入ってきます。

ギルドストックは外部マーケットの miimeクリスペユーザーコミュニティ(Discord) で購入可能です。

プレイヤーAI

フリーバトルを自動周回してくれるプレイヤーAI機能があります。現在はTAV(トータルアセットバリュー)が5000 以上のプレイヤーが使用可能です。トータルアセットバリューとは、プレイヤーが持っているカードの希少度と数を数値化したものです。プレイヤーAI はフリーバトルを周回し、レベル300 以上のプレイヤーと一定割合で戦います。勝っても負けてもバトルポイントがもらえるため、自動でプレイヤーLV が上がり採掘チケットを獲得することが可能です。まだまだTAV5000 以上のプレイヤーは少ないため、カードを購入する際の1 つの目標にすると良いかと思います。

以上でクリスペの説明を終わります。ぜひ遊んでみてくださいね。


「クリスペで待ってる!」

最新情報をチェックしよう!