クリプトスペルズ(クリスペ)|自分でカードを作れる!?前代未聞のクリスペS(β)が楽しすぎた

こんにちは、クリスペギルドオーナーの廃猫です。

ブロックチェーンゲームのクリスペに、自分でカードが作れてバトルでも使える新モード、クリスペSが登場しました。

現在はβ版で残念ながら6/30に一度終わってしまうのですが、600枚以上のカードが作成され盛り上がったので、きっと正式にリリースされるでしょう。

本記事ではβ版のSの仕組みを徹底解説していきます。

正直、めちゃくちゃハマりました。

文字通り朝から晩までカード作ってました。

なにがそんなに面白いのか? 魅力も含めて紹介したいと思います。

まずは、クリスペS全体の仕組みを紹介します。

クリスペSの仕組み

クリスペ公式

クリスペSの大枠は公式の画像の通りです。
ユーザーは素材を集め、パラメータを設定することでカードを作ることができます。
また、そのカードを他のユーザーと取引することができます。

素材自体は、ゲーム内クエスト、他ユーザーとのトレード、既存NFTのコンバート等にて入手可能となっています。コンバートとは、何かを何かに変換することを指します。既存のカードを素材に変換できるということだと思います。

クリスペ公式

素材を組み合わせてオリジナルカードを作成します。

クリスペ公式

なんと最初にカードを作ると「カード発明特許」を取ることができます。
ネーミングセンスが素晴らしい、特許を取れるってワクワクしますね。
なかなか被ることは無さそうですが、低コストのカードだと、パラメータ選択肢が少ないため被る可能性もありそうですね。
そして、緩やかなインフレ。特許を取れる都合上、どうしても最初にクリスペSに取り組んだユーザーが有利になり、後発組のモチベーションが下がります。
そのためインフレは必要な措置になりますね。いつカードを作るのか、が重要になりそうです。そしてそのカードの使い道は何か、というところですね。

クリスペ公式

運営はパラメータ調整を行わず、システムに委ねる形です。
カードの組み合わせによっては、即死コンボなど凶悪なコンボが作れてしまいそうで、バランスは心配になりますね。どこまで強いカードが作れるのでしょうか?さっそく作ってみましょう!
注意:現在はβ版は終了しております。

クリスペSのカードの作り方(β版)

1.スピリット(I)を選択

カードを作る最初の画面はこんな感じです。

スピリット(コスト、能力)を選び、その後カード名やパラメータを選びます。

公式サイト|カード

β版では、スピリットはランダムに配られました。

スピリット(I)は、コストの部品が配られました。
レジェンドが1つで、残りがゴールドになります。
それぞれ見えづらいですが色がついてます。

レジェンド11コスト(緑)は一見強そうですが、一番ハズレです(笑)
クリスペの場合は、マナが10までしか自然に上がらないので、11にするには他のカードを使わないといけないんですよね。加えて、白はマナ加速(マナを増やすカード)できるんですが、緑だと特にそういうカードがありません。
レジェンドが弱い部品だったのはちょっと残念ですね。βだからいいんですけど。

例えば、既存のカードだとバハムートがコスト11で、出すのが大変なため、出せたらほぼ勝ちに繋がります。

2.スピリット(II)を選択

スピリット(II)では様々な能力の部品が配られました。

ここに載っている部品だけ解説します。
前衛:前衛を持つユニットが自分の場にいるとき、相手ユニットは前衛を持つユニット以外を攻撃できません
増殖:増殖を持つユニットはあなたのターン終了時に同名のユニットを1体場に出します
毒殺:毒殺を持つユニットが戦闘で相手のユニットに1以上のダメージを与えた時、相手のユニットは破壊されます。
輪廻:輪廻を持つユニットは死亡時に同名のカードを1枚手札に加えます
連撃:連撃を持つユニットは1ターンの間に2回攻撃できます
複製:複製を持つカードを手札から使用したとき、同名のカードを手札に1枚手札に加えます
不死:不死を持つユニットは死亡時に同名のユニットを1体場に出します
鉄壁1:鉄壁1を持つユニットが受けるダメージは1少なくなります
詳細→キーワード能力

この部品は、かなり当たりでしたね。特に不死!

不死は現存するカードだと、フェニックスに当たります。
死なないので、ずっと場に残り続けます。かなり厄介なカードです。
そして、死亡するので、死亡時発動効果があれば発動します。

3.スピリット(III)を選択

スピリット(III)が最後の部品になります。一個すごいのありますね。

15ダメージ! 多分、15ダメージは既存のカードにはないと思います。
これは是非使ってみたいですね。

4.パラメータを設定

コストや能力を決めたら、パラメータを設定します。

ここの設計が絶妙! 能力が強いカードは、攻撃力と体力の上限値が低いです。
たとえば、不死の場合、4コスト 攻撃0、体力1にしてみましたが、ダメでした。左下に「パラメータ上限値を超えているため発行できません」とエラーが出ています。この場合は「不死+死亡時すべての相手ユニットに3ダメージ」がついています。これは作れてしまうと強すぎますね。

5.名前・種族・イラストを設定

パラメータが設定できたら、名前や種族、イラストを決めます。

種族は結構重要です。種族ごとにキーカードが変わるからです。

6.完成!

ようやく、カードが完成! 死亡時効果は強すぎたので、不死だけにしたところ作ることができました。自分だけのオリジナルカードの完成です。
しかもこれを、実際のバトルで使うことができる!!!
この仕組み作った人天才。

アイデアとは組み合わせのこと、ということがわかりますね。
組み合わせと聞くと、一見不自由に思うのですが、選択肢が多ければ不自由さを感じさせません。むしろ制限があることで考えやすくなります。
実はこれは、自分の博士の研究内容と関係しており、専門家的な視点で見ても、クリスペすごい!と感じました。

廃猫が作ったカードたち

ここでは実際に作ったカードを簡単に紹介したいと思います。
本当に朝から晩まで作ってました。作り終わった時は、時間無駄にしたーとは全く思わず、充実感とこのカードを使ってみたい、というワクワク感がありました。

No1.まさる君

最初に作ったカードがこちら。名前はてきとう。これは超実用的なカードです。コスト7で攻撃3体力3は一見してかなり弱いですが、召喚時に悪魔を+4/+4、そして自身に鉄壁1がついているので、単純に7コストで 7/8と捉えることができます。実際はもっと強いです。まさる君は出したターンには攻撃できませんが、すでに召喚していたモンスターの攻撃力を上げることで、相手にその分ダメージを与えることができるからです。
まさる君は暗黒の力を手に入れて、強くなりすぎてしまったんですよね。そして孤独になり、本当の幸せとは他者に貢献することだと気付き、この能力を得ました。

実際に使ったシーンがこちら。

https://twitter.com/hainekolab/status/1276358772886171648

No2.リカ

こちらは、黒にふさわしい怖そうなカードを作ろうと思って作りました。
単にブランコに乗っている少女の絵なのですが、なんだか怖く見えませんか?
骸骨とか化け物とかより、日常の光景だけど雰囲気で怖い絵がいいかなと。
能力も、「攻撃力4以下の相手ユニットを全て破壊」と強力です。
周りは彼女をブランコから降ろそうとするんですが、ブランコから降りると能力が発動して遊び相手が全滅しちゃうんですよね。そしてそれを見て悲しそうにまたブランコに乗る光景が頭に浮かびます。彼女の遊び相手になるのは、攻撃力5以上の人のみです。

No.3 冥府の使いディア

こちらは、死亡時にランダムな相手に15ダメージを使ってみたくて作ったカードです。彼女は悪魔に育てられた人間です。悪魔めっちゃいいやつじゃんって思うんですが、実は彼女には魔法がかけられていて、死んだ時に人間軍に大ダメージを与える、生きる地雷として戦わされているだけなんですよね。いつか解除してくれる人が現れるといいね。

使用シーンがこちら。相手を殲滅!

https://twitter.com/hainekolab/status/1276356420271665154

No.4 増殖機関

ついにレジェンド!攻撃力10、体力7。そして増える! とてもうざいですね。
名前はSF小説の金字塔、虐殺器官から取ってます。漢字間違えたけど。
彼は不老不死を夢見る1人の青年でした。彼は優しかったので自分自身を実験台にしました。そして、自分を増やすことができるようになったのです。しかし今では、なぜ自分は永遠に生きたかったのか、そもそも自分とは誰なのかも思い出せません。メイドインアビスの「黎明卿」「新しきボンドルド」が思い浮かびます。

https://twitter.com/hainekolab/status/1276776147028570112

CPU相手に攻撃力2倍にしたりして遊んでました。

No.5 広島”風”お好み焼き?わりゃ何いょーるんなら!

増殖の能力余ってるな→どんどん増えるお好み焼きでいいか。
広島県人に、広島風お好み焼きというのは危険です。サファリパークに生肉を持って放たれた状態です。彼らの中にはお好み焼きは1つしかなく、関西のは関西風お好み焼きと、別物だと認識されています。下手に刺激しないようにしましょう。普段温厚な人ほどキレると怖いです。しかも広島弁はキレると何言ってるかわかりません。彼らを落ち着かせるには、「好きな野球チームはカープです」という魔法の言葉を使ってください。カード的には弱いです。

No.6 なんか手が熱い!

彼女はドラゴンと人間のハーフなのですが、自分では知りません。ひっそりと小さな村で暮らしていましたが、あるとき村が国王軍に襲われ、その時に能力が開花しました。しかし、人間の皮膚にはドラゴンの炎は熱すぎて「なんか手が熱い!」になりました。カードとしては可もなく不可もなくという感じですね。
ただ、ドラゴン属性同士のコンボカードは結構あるため、足りない属性カードを自分で作ることができるのはSの強みですね。

No.8 妖精

妖精って見えないだけで実はこんな姿をしているのかもしれませんね。ゴールド紋章の位置には注目しないでください(この位置になったのはたまたまです)。

No.9 廃猫

一枚は作りたいですよね。能力的には連撃と緑のカードは相性いいと思います。強化できるので。

No.10

https://twitter.com/hainekolab/status/1276326936285868037

そして最後は、部品がなく、攻撃力0の毒殺しか作れなくなりました。
計画性のなさがひどい。毒殺は相手に1ダメージでも与えないと効果発動しないんですよね。そして、青の無能力部品もないので、これを作るしかない。
正式リリース時には部品をいかに集めるかが重要ですね。

クリスペS記念大会

クリスペは大会を自分で開催できるということで、初めての大会開催。
レギュレーションS!オリジナルカードもレジェンドもリミテッドレジェンドも入れられる大会を開催してみました。

https://twitter.com/hainekolab/status/1276294824488914944

賞品は、デッキに入るやつを選びました。デッキ入らないのはもらってもあまり嬉しくないので。あと前に大会で3位になって何もなくて悲しかったので、上位3名にしました。参加した人にランダムに配るケースが多いですよね。確かにその方がカードパワー低い人も参加する動機になると思うんですが、大会は上位順の方が好きかなー。ビビンバさんが協賛してくれたので4位まで景品を出せました。ありがとうございます。意外と協賛集まらなかったね、人望上げないと。

https://twitter.com/hainekolab/status/1276490286961582083

参加者は63人でした! 多いのか少ないのかは基準がわからずわかりませんでしたが、接戦でしたね。大会終了5分前は3位のところに4人くらいいて、景品増やさないとなーと思ってましたが、魂の一戦で決着。おめでとうございます。
さて、誰もがオリジナルカードを入れられる大会、どんな方が上位に来たのでしょうか。

クリスペS記念大会 上位入賞者デッキ&感想

5コスト、悪魔+4/+4のカード!かなり使いやすそうですね!
現環境TOPの祭壇黒のヴァンパイアをオリジナルに入れ替えた感じですかね。
なんとレジェンドは無し!強いですねー。

https://twitter.com/hainekolab/status/1276711830312779776
https://twitter.com/hainekolab/status/1276710034315964416

S無しの人も、上位3人とも黒だったんですね〜。黒強いな。
Sレジェンド入れてる人がいない! これは面白い結果でしたね。
けっこうTwitterではSが壊れカードすぎるという意見が多かったんですが、実際に戦ってみると、プレイング上手い人が結局勝ち残るという。
理由としては、Sのレジェンドを入れてても引けないと使えないってのも大きいですよね。意外と共存できるかもしれません。

ご参加いただきありがとうございました!
予想以上に気軽に開けたので、また開きます。

なぜクリスペSはおもしろいのか?

つぶやきを見ていると、けっこう楽しんでいた人が多いな〜という印象でした。ここでは何がおもしろいのかを言語化したいと思います。

一言で言うと、通常のゲームにはない「作品作りの面白さ」だと思います。

ゲーム、映画、小説なんでもそうですが受動的な面白さには限界があります。
ゲームの場合はまだ自分が世界に介入できる(インタラクティブ)なのでいいですけど。

けれど作品作りの面白さには勝てないんですよね。限界がないから。

これはマインクラフト人気からでもわかりますね。

自分はベーシックインカム制度やデジタルレイバー(仮想知的労働者)などによって、将来的に人がお金のために働かなくなる時代は来ると思っています。

その時、人は何をするのか。多分、作品作りをすると思います。

少し話が逸れました。

作品作りが面白いなら、別に家で一人でなんか自由に作ればいいじゃんってなるのですが、無から考えるって難しいです。

クリスペSが良かったのは、部品を与えて、その組み合わせで作品を作らせたことだと思います。

自由と制限って相反するようで共存すると言うことですね。

ある程度の不自由がないと自由は感じられません。

最近はライザップなど、不自由さを売りにする企業も出てきましたね。

と言うわけで、ハマる人続出すると思います!
自分もSでイラストを描けるように絵画教室に申し込みました。

クリスペSの正式リリースはいつか?

まだ確定ではないですが、7月中だと思っています。
理由は2Qのギルドストック報酬がクリスペSの素材で、配布時期が7月初旬という発表があったからです。ただ今回問題が噴出したため、延びる可能性もあります。

Sのカードはどこで使える?

Sは主にフリーバトルと新しく実装されるクエストで使えるようです。
今後、使える場所は徐々に増えていくと考えられます。
いきなり公式大会やランク戦に出しちゃうと、ユーザーから不満噴出しそうですもんね。
またこの資料に書いてあるように、S発行カードの通常レギュレーションへのコンバート権なども検討されているみたいです。
また、小澤社長のツイートによれば、Sにはここには載っていない3つ目の役割があるそうです。一体なんでしょう? 一緒に考えてみましょう。

ちなみに、ここでの②使われないNFTの価値担保 には2つの意味があります。
1.コンバートによる素材変換
極論、デッキに入らないカードは価値がないので素材にしてしまえばいいですよね。
2.そのNFTと親和性が高いカードを自分で作る
たとえば、ドラゴンの攻撃力をコピーするカードの場合、ドラゴンで攻撃力が高いカードが無ければ弱いです。しかし、ドラゴンの攻撃力の高いカードを自分で作ってしまえば、そのカードにも価値が出てきますよね。
そんな感じで、今まで注目されていなかったカードが予想以上の強さになり価値が向上する可能性が出てきます。うーん、クリスペS考えた人天才だ。

クリスペSの現時点の問題点と改善点は?

クリスペS、とても楽しみなのですが問題点はもちろんあります。
問題を顕在化させるためのβ版だったと思うので、気づいたことを列挙しておきます。

・能力の組み合わせであまりに強いカードが作れてしまう
例:不死+死亡時効果。輪廻+召喚時効果
・能力によってパラメータが低いことがデメリットではなくなる
例1:不死の場合、体力1でも問題ないので攻撃力をその分割り振ってしまう
例2:速攻の場合、体力1でも攻撃に全振りした方が強いので即死級のカードができる
・デメリット能力でもパラメーターが上がらない
例:相手はカードを引くとかはデメリットなので、その分パラメータ上げられたほうがいいですよね。ただハンプティみたいに、それを使ったデッキもあるので難しいところ。
・著作権侵害イラストが多々見受けられた
NFTになった場合、一生残ってしまうので他者の顔写真とか、版権あるコンテンツを使うとまずいです。ユーザーが自制するべきですが、まあ守らないよねw
改善案としては、カードを作る段階で、そのイラストの著作権が誰にあるかをユーザー自身に自己申告させることですかね。「外注(商業利用可)」「自作」「著作権フリー画像」みたいに選択式にして、それが虚偽だった場合はNFTでも破棄されるとか。
・18禁、グロ画像対策
・UIの話:背景が黒なので、コストの枠の色が見えづらい
・初めて出された時は相手のカードの効果を画面に表示するなどがないと、ターン時間的に厳しいかも

解決されていない疑問点

・作ったカードは複製&販売ができるのか
できなければ自分だけが使う or 1枚のカードを売るって形になるので、市場に出回らなさそう。ただ文明絞っている人もいるので、そういう人に違う文明の部品が来たら市場に出るかも。
・色なしのカードは作ることができるのか
もし色なしコストの部品があれば、かなり高額になりそう
・素材はどうやったら手に入るのか
現状はギルドストック報酬で配布、あとはクエストという新モード、既存NFTのコンバートみたいですね。

随時追記していきたいと思います。
読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!