クリスペ|ギルドの仕組みをギルドマスターが徹底解説!

こんにちは、廃猫です。

「クリスペのギルドってなに?」
「ギルドに入ったらいいことあるの?」
「ギルドストックってなに?」

今回は、上記の疑問を持っている方向けに、ギルドの仕組みを徹底解説します!

自分も始めたばかりですが、現在ダイヤモンドのギルドマスター、ダイヤモンドとエメラルドのギルドオーナーということで、だいぶ理解が深まったため共有します。

この記事1つで、クリスペのギルドの全容が把握できる状態を目指します。

目次

ギルドの概要と機能

クリスペ公式サイト

ギルドとはコミュニティの核になる機能とのこと。

現在5種類あり、当分増える予定はなさそうです。

機能的なギルド間の差は、
①覚醒クリプトスペルの使用
②ギルド採掘の「魔石」「ギルドシルバー」

となりますが、実際はギルドごとに施策や設立時の哲学が異なるため、ギルドの差は多岐に渡ります。

まずは機能的な差を1つ1つ見ていきましょう。

ギルドの機能の差

①覚醒クリプトスペルの使用

クリプトスペルとは、対戦開始前に選べる特殊なカードのことです。CSと略されます。
対戦相手が決まった後に選べるため、相手の文明によって変えることが可能です。

覚醒クリプトスペルとは、通常よりも強くなったクリプトスペルを指します。

覚醒するクリプトスペルはランダムで選ばれ、枚数はギルドの奉納ポイントで決まる順位によって変わります。

2020年5月の例
第1位 サファイア:59724ポイント →覚醒3枚
第2位 ルビー:26510ポイント →覚醒2枚
第3位 エメラルド:17360ポイント →覚醒2枚
第4位 オニキス:9366ポイント →覚醒1枚
第5位 ダイアモンド:9264ポイント →覚醒1枚

ブロンズカード、シルバーカードのburn(破棄)をする度に、
下記のレートで奉納ポイントがギルドに蓄積されます。
・ブロンズカード= SPL 分解レート×10
・シルバーカード= アセットバリュー×500
・レプリカ(シルバー)=100

奉納は、各カードのページから行うことができます。
特にシルバーレプリカは、期限が切れたら消えてしまうため、使ってない場合は積極的に奉納しましょう!
奉納が個人的な利益になるかと言えば、今のところは、ならないようです。
ギルドを応援する形になりますね。

②ギルド採掘の「魔石」「ギルドシルバー」

ギルドに所属するメリットとして、「ギルド採掘」ができることが挙げられます。

各文明ブロンズカードとは?

ギルド採掘では、通常の採掘と異なり各文明のブロンズカードが手に入ります。

上記のように、カードの枠が各文明の色に塗ってあるカードが各文明のブロンズカードです。各文明のデッキでしか使用できない変わりに、強いカードが多いです。そのためデッキを強化するには、通常の採掘の他にギルド採掘もおこなっていく必要があります。ギルド採掘でどの文明がでるかは、ギルドごとに違いはありません。ギルド採掘ができないデメリットは大きすぎるため、基本的にどこかのギルドには入るようにしましょう。

ギルドメンバーが発行したシルバーカードとは?

実は、クリスペにはカード発行権というカードがあり、ユーザーが運営協議のもとカードを発行することが可能です。

こちらは、公式大会で優勝など、主に大会の景品でもらえます。

カードの右上に、発行されたギルドのマークが書いてあります。そのため、これらのシルバーカードはギルド採掘で手に入れる or 市場で購入する必要があります。どれも強力なため、ゴールドカード以上の価値がついているカードもあります。シルバーカードだと思って、安く出品しないように気をつけましょう。

魔石とは?

稀に、ギルド採掘で魔石のカードがでます。魔石のカードを使うと、カードを装飾することが可能です。魔石のカード自体も高く売れるため、安く出品しないように気をつけましょう。

ギルドの仕組み

ギルドの役職と権限

ギルドには運営するための役職があります。

https://twitter.com/hainekolab/status/1270338040653705219

個人的には上下を逆にしたほうがうまくいくと思います。結局、ギルドマスターやオーナーだけがいてもギルドは成り立たずに、ギルドメンバーが大切だからです。ギルドメンバーがいかに楽しく遊べるかをボードが支援し、ボートがいかに楽しく運営できるかをマスターが支援し、マスターがいかに楽しく運営できるかをオーナーが支援すると、組織としてうまくいくかなと思っています。

各ギルドの役職は、ギルドページを見るとわかります。
こちらは、各ギルドに入っていなくても、ギルドページから各ギルドを選ぶと見ることができる公開情報です。

ギルドホルダーの人数部分をクリックすると、さらに詳細を見ることができます。

ギルドストックや割合に関しては後述します。

ギルドの収益

ギルドの収益について説明します。上記図の②ギルドレンタルは現在停止されています。
詳細→レプリカカードの仕様変更とレンタル機能の一時停止について

ギルド収益は、ギルドマスター、オーナーが引き出すことが可能です。
また、月の収益の配分をギルドマスター、オーナーが決められます。
この配分は各ギルドで個性が出るところですね。
ダイヤモンドは前任の方が、ギルドバトルTOP10人に100%にされています。
ボードがいなかったからですね。 廃猫がオーナーのギルドでは、ギルドマスターに一任しております。

ギルドのメインイベント、ギルドバトル!

ギルドのメインイベントとして、毎月ギルドバトルが開かれます!

こちらはギルド対抗戦で、各ギルドの精鋭たちが戦います。

ステークホルダー総会-2020年3qロードマップ発表についてのお知らせ

今まではランクバトルという個人戦の、レジェンド級上位25名、ゴールド級5名、計30名の戦いでした。7月からは、各ギルド代表5名による階級別のリーグ戦になるようです。賞品は10万円分のSPL!というとても豪華なイベントになっています。まだ詳細は明らかになっていませんが、階級ごとということは、レジェンド級、ゴールド級はきっと分かれると思います。シルバー級、ブロンズ級、そしてS級もあるかもしれませんね。なんにせよ大いに盛り上がること間違いなしですので、ぜひギルドに入って代表権を勝ち取りましょう!

ギルドストックの仕組み

ギルドはギルドストックの仕組みで運営されています。

画像はダイヤモンドのシルバーストックです。

ギルドストックとは、例えるならば株式会社における株式です(株を英語でストックと言います)。

まず簡単に株式会社について説明します。

株式会社について理解するには、その成り立ちを知るとわかりやすいです。

株式会社の仕組みが最初に生まれたのは、17世紀のオランダ東インド株式会社と言われています。

大航海時代です。探検家たちが海にくりだし、香辛料などを持ち帰り富を築いていました。

しかしながら、航海にはリスクがあります。そして、お金が必要です。

1人のお金持ちが大金を出すことはリスクが高すぎて、そのような人を見つけることは大変です。
そのため、お金がない探検家が、複数の人から資金を集める方法として、株式という証書が発明されました。
「あなたはいくら出しました」という証拠のために、株式という証書を発行したわけです。航海によって得た収益は、この株式を持っている人(株主)に分配されます。

つまり、実際に航海する人とお金を出す人は異なります。
これが株式会社の特徴で、資本と経営の分離と言います。

現代においても、基本的には変わっていません。
株式会社を設立するときに資金を出し、その割合に応じての株式を受け取ります。
その株式を、誰もが購入できる(公開されている)ようになっている会社を上場企業と言います。世の中の約99%の会社は非上場企業です。

そして、企業の株式の大多数を保有している株主を大株主と言います。

航海する人(経営者)、株主、大株主がでてきました。

クリスペのギルドで置き換えると下記になります。

航海する人(経営者):ギルドマスター
株主:ギルドホルダー(ギルドストックを1stok以上保有)
大株主:ギルドオーナー(ギルドストックの最大割合を保有している人)

航海した収益が分配されたように、ギルドストック保有者にも収益が分配されます。

ギルドストック保有のメリット

ギルドストックを保有するメリットは大きく3つあります。

1.ギルドオーナー報酬としてETHを引き出すことができる
2.ギルドホルダー報酬(3ヶ月に1回)
3.所持しているギルドStockと同じギルドのギルド採掘ができる

順番に見ていきましょう。

1.ギルドオーナー報酬としてETHを引き出すことができる

ギルドストック保有者には、ギルドメンバーの課金額の15%が、保有割合に応じて分配されます。ギルドオーナー報酬と書いてありますが、こちらはギルドストックを1つでも持っていたら分配される仕組みです。

クリスペの画面ではこのような形で表示され、いつでも引き出すことができます。(画像はダイヤモンドギルドのゴールドストックです。)

まだまだ少ないですが、クリスペが人気になれば報酬も増えるため、自然と応援したくなりますね。ちなみにスライドに出てくるスマートコントラクトとは、契約をプログラムで自動化する仕組みです。

ギルドストックは、最初に運営から販売され、再販はされません。

ただし、openseaやmiimeといった市場でユーザーが販売しているため、購入は可能です。私自身、最初のセールには参加していなかったため、保有ユーザーから購入しました。

また、2020年の5月から、改正資金決済法・金商法が施行されるようになりました。この法律に影響を受けた事業者は多く、暗号資産を使って個人の価値を売買するVALUも、規制に対応できないことを理由にサービス終了となりました。詳しく知りたい方は下記の資料をご覧ください。
詳細→令和2年5月1日施行改正資金決済法等によりブロックチェーン業界はどう変わるか
詳細→第1回 2020年5月1日施行 改正金商法上のセキュリティトークンとは

この法改正に対するクリスペのギルドストックに関しては下記のように運営側から表明がありました。


改正金商法への対応について:法令その他関係官庁の要求を受けた場合を除き、消費者保護の観点から販売されたギルドstockの報酬に関しての変更は行わない予定です(12/4変更)

ギルドstockバルクセール/一般セールのお知らせ

ですので、今のところ報酬制度に変更はありません。ただし、今後の法改正によっては変わる可能性があるため、そのリスクは理解しておく必要があります。
リスクとリターンは表裏一体のため、投資に使うお金は余剰資金が基本です。

2.ギルドホルダー報酬

先ほどのギルドストック報酬とは別に3ヵ月(クリスペではQと表現します)に1回、保有しているストックに応じて報酬(継続的な特典)があります。

株式で言う、株主優待(会社が一定数以上の自社の株券を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度)です。

こちらの内容は、3ヶ月に1回開かれるステークホルダー総会で社長直々にYoutubeLiveで発表されます。その場でコメントをすれば、答えてくれます。

ステークホルダーとは利害関係者という意味です。

【ステークホルダー総会】2020年3Qロードマップ発表についてのお知らせ

現在(2020/6)の報酬は、上記のようになっています。クリスペSは、オリジナルなカードを自作できるモードで、その素材がもらえます(10stock以上)。
下に書いてある、「対象アドレス決定日」が重要です。報酬をもらうためには、この日にギルドストックを保有している必要があるため、この日付前後は売買が盛んになります。

3.所持しているギルドStockと同じギルドのギルド採掘ができる

現在、ギルドストックを持っている人は、この3の理由で持っている人も多いと思います。

通常、自分が所属しているギルドしかギルド採掘はできません。
しかし、ギルドストックを1個でも持っていると、ギルドストックと同じギルドのギルド採掘ができます。たとえば、ダイヤモンドギルドの人がシルバーカード発行権を使って、強力なカードを作ったとします。そのカードは、ダイヤモンドのギルド採掘をおこなわなければゲットできません。しかし、ギルドの移籍は常にできるわけではなく、複数所属もできません。そのような場合は、ギルドストックを購入することで、ギルド採掘ができるようになります。

ギルドストックは買いかどうか?

あくまで余剰資金で買うことを前提に、ギルドストックを買うかどうかの主観を、投資家的観点とプレイヤー的観点から述べます。
もちろん自分は大量に購入しているため、買いだと思っています。
ポジショントークが入っているため、1つの意見として捉えてください。
当然ですが購入は自己責任でお願いします。

投資家的視点からのギルドストック

1.ハイリスクハイリターン

株式投資をしている身から考えると、ギルドストックはハイリスクハイリターンです。リスクは非常に高いと言えます。価値が無くなる可能性があるからです。
価値が無くなる可能性として下記が考えられます。
・クリスペのサービス終了
・クリスペのユーザー離れ
・法改正
クリスペのサービスが終了した場合、当然ですがギルドストックに価値はなくなります。ユーザー離れ、法改正のリスクもあります。ただしこちらはあまり心配していません。クリスペ運営でしたら何らかの補填をおこなってくれるだろうという信頼があるからです。現在のBCG業界で、クリスペ運営はダントツで信頼できます。リターンの部分では、ユーザーの課金額の15%の還元は相当大きいです。ユーザー数がこのまま増加した場合、ギルドストック報酬だけで生活できる人も出てくるのではないでしょうか。現在(6/30)のオーナー報酬合計は、2.42ETH(約58000円)となっています。

ギルドストックは、持っているだけで配当があります。これは1年に一回ではなく、常にスマートコントラクトによって自動配分されます。通常の株式よりも株主にメリットがあると言えます。なぜなら、基本的に非上場企業の株式は2パターン(EXITという)でしか現金化できないからです。
1.上場する
上場した場合、持っている株式を市場で売ることが可能です。
2.売却する
会社が完全子会社化されるときなどは、保有している株式を相手の会社に売却することになり、現金化されます。
つまり、ベンチャーの株式はこの2パターンのEXITに成功しないと現金化できないわけです。ギルドストックは株式ではないのですが、買った瞬間から配当が来ることは魅力的です。ただし、実際はベンチャーに個人で投資する場合、ベンチャー投資促進税制(エンジェル税制)という税制上の優遇措置を受けられます。ギルドストックに関してはそのような税制はありません。

2.希少性

ギルドストックは希少性が高いです。理由は再販されず、売りたい人が存在しないと購入できないからです。いくらお金を持っていても、売りたい人がいなければ買えないわけです。そのため、欲しい場合は、買うことができる機会を逃さないことが大切だと思います。こちらはレジェンドカードにも同じことが言えます。株式投資でもなんでも、底値を狙うことは不可能に近いです。短期の株価はランダムに動きます。ギルドストックに関しても長期投資の観点で考えるといいと思います。また、株式会社を運営したことがある人なら、保有割合の大切さを知っているため、大株主はなかなか自分のシェアを手放しません。そのため大量に購入できる機会は少ないと思われます。自分も株式でもなんでも投資は長期の立場のため、手放す予定はありません。ただし、クリスペのエコシステム的に2ギルドオーナーは良くないと感じた場合は、1ギルドを手放す可能性はあります。

3.クリスペ への信頼

株式投資でもそうですが、その企業やサービスが成長するかどうかの信頼が、一番重要です。そしてベンチャーへの信頼の主な根拠は、チームとタイミングになります。ベンチャー投資において売り上げや利益はあてになりません。Amazon(もはやベンチャーではありませんが)はずっと赤字ですが成長しており時価総額ランキング4位です。クリスペの場合は小澤社長が、経営者の鑑みたいな人のため、ユーザーからの信頼度はとても高いですね。やはり社長自身も1プレイヤーとしてゲームをプレイされていて、勝ったらガッツポーズするほどのめり込んでいるのは真似できないと思います。社員やインターンの方と話しても社長を信頼していることが感じられます。株式投資においても投資先会社の調査が必要なように、ブロックチェーンゲームに投資する場合は実際にユーザーとして体験したり経営陣の話や社員の話を聞くことが大事です。

クリスペのバトルで連勝して叫ぶ小澤社長
小澤社長の起業の思いなどはこちら

プレイヤー視点からのギルドストック

前半は投資家的視点だったため、プレイヤーの目線からギルドストックの価値を考察します。

1.成長を自分ごととして見られる

ギルドストックを持つことで、クリスペの成長をより間近で自分ごととして見ることができます。

2.ギルド採掘を選べる

単純にこちらはプレイヤーとしてかなりのメリットになります。

3.お金が稼げる

プレイヤーとしても新カード購入などでお金はいくらあっても足りません。ギルド報酬の一部からカードを購入できるようになれば、楽しいですよね。

ギルドストックを安く買う方法は?

短期の価格はランダムで決まると言いましたが、高確率で価格が上がる時期があります。それが下記の2つです。

・ギルドホルダー報酬の権利確定日の直近
・新ギルド発行カードのカード発行時期
・レジェント&リミテッドレジェントカードセール前

上記3つでは価格が上がると考えられます。需要が増えるからです。ただし、ギルドホルダー報酬に関しては、報酬の設計がプレイヤーにとって価値がないと思われる場合は、逆に売り時として売られるタイミングでもあります。ですから、ギルドストックを安く購入するタイミングは、上記以外の高くない時に買う、ということが1つです。また、ギルドホルダー報酬の権利確定日後は安くなると考えられます。ちなみに株式でも、株主優待の権利確定日前は株価が上がり権利確定日後は価格が下がる傾向にあります。

どのギルドのストックを買えばいいか?

ギルドストックを買うと決めた場合、どのギルドのストックを買うかが重要になります。1つは、採掘したいギルドシルバーカードがあるギルドが対象となります。

1.ギルドシルバーカード一覧

現在(7/4)のギルド採掘カードはこちらです。
ギルド採掘シルバーは最大2枚になります。
新しく追加された場合、1番古く追加されたシルバーが通常採掘で出るようになります。ちなみに、現在赤のギルドシルバー発行権と緑のギルドシルバー発行権がすでにユーザーの手にあり、それぞれルビーとエメラルドに所属されています。そのため、近いうちに新しいカードが発行されそうですね。
ギルドシルバーは能力が強いのと、そのギルドの所属する or ギルドストックを持たないと採掘できないため、売買価格も高くなります。

ルビーのギルドシルバーカード

サファイアのギルドシルバーカード

オニキスのギルドシルバーカード

エメラルドのギルドシルバーカード

ダイヤモンドのギルドシルバーカード

2.投資先としてのギルドを選ぶ

2つ目が投資先として、ギルドを選ぶことです。
その場合の観点は、課金者が多いか(特に廃課金者の数)とギルドストック1個に対するシェアです。実はギルドストックは総発行数が異なるため、ギルドストック1個に対するシェアが異なります。

https://twitter.com/hainekolab/status/1277871006288195585

廃課金者の数は、ゲームに慣れてくるとわかると思います。
確実にわかることは廃猫が所属しているギルドは報酬高いと思います 笑
現在はダイヤモンドに所属しています。

各ギルドの特徴と選び方

2020年7月の各ギルドの施策が発表されましたので、紹介していきます。
廃猫はエメラルドとダイヤモンドのオーナーということでポジショントークは確実に入っています。
個人的には、まだまだ市場拡大の時期のため、クリスペ内でメンバー獲得合戦にそこまで力を入れなくてもいいかなという印象ではあります。
ただどこのギルドも、施策に力を入れているため、施策を見るだけでも楽しいです。それでは順番に見ていきましょう!

各ギルドの施策一覧

サファイアギルド

↑こちらは7月の施策には入っていないとのこと。

サファイアギルドは唯一、ギルドオーナー=ギルドマスターのギルドです。
前回のギルドバトル優勝ギルドですね。言わずと知れた最強ギルド。
クリスペS向けの施策も楽しみですね!イラストコンペ(賞金付き)も実施予定とのことです。
クリスペSについては詳しくは下記をご覧ください。
詳細→自分でカードを作れる!?前代未聞のクリスペS(β)が楽しすぎた

また、毎週月曜22時からブロンズ・シルバーカード限定大会を開催しています。サファイアギルド所属メンバのうち1-3位に100SPLプレゼント!

ルビーギルド

ルビーは前々回優勝ギルドですね。イベント開催に対する支援や初心者向け支援があります。ギルドオーナーは前回公式大会レジェント級優勝者ということで、特典のギルドシルバー発行権がルビーで使われます。自分も赤デッキ使っているので、楽しみにしています。ギルド配信はギルマスがLive配信されるとのことで、ギルドバトルに参加できない人も楽しむことができます。

オニキスギルド

オニキスは、ギルドオーナーが企業(マイクリ)です。
テーマは民主主義で、3ヶ月に1回ギルドマスターが変わります。
月に4回、オニキス杯が開催されています。7月は覚醒CSが3枚使えます(1位)。
シルバーカードがもらえるのは初心者には嬉しいですね。
ギルマスになるとオーナーから報酬もあるようです。
詳細→クリスペ オニキス ギルマス総選挙開催
個人的には2年コミットは厳しすぎる条件だと思います。

エメラルドギルド

ギルマスとRubyギルドメンバーのコラボラジオがこちらです。施策について詳しく話されてます。

カードキャンペーンも実施中。

エマラルドのテーマは、情報と信頼です。元クリスペ リードプランナー&元プロゲーマーのあらうでぃさんがギルマスを務めます。
カード買取・販売、クリスペWikiの充実、クリスペDECKSを使ったキャンペーン、カード評議会によるカード価値の評価など、情報に関する施策が盛りだくさんです。カードの評価をみんなで議論するの楽しいですよね。あとはDiscordをあまり使わず、公式チャットを活用していくという面白い取り組みにも挑戦中です。身内感の少ないギルドを目指しています。

クリスペ攻略Wiki では、現環境で強いデッキリストや、新しく発売されるセールカードの解説も充実しています。ぜひチェックしておきましょう。

クリスペDecks はデッキ投稿サービスです、現エメラルドボードのtarumi_keiさんが開発されました。デッキに加えて解説や、そのデッキにいくらかかるかなどがわかるため、チェックしてみてください。現在はキャンペーンも実施中です。

ダイヤモンドギルド

ダイヤモンドは色んなブロックチェーンゲーム(BCG)を楽しむギルドです。
ギルマスのんペー さんは、元クリスペβの時のダイヤモンドギルマスで優勝経験があり、ボードの ねこどら さんは前回の公式大会レジェント部門 準優勝。
お二方とも屈指の白デッキの使い手です。
自分も現在お世話になっているギルドになります。

主な施策としては初心者支援と、他BCGからクリスペを始める方向けの支援になります。始める方にはマンツーマン指導もあるので、これを機会にクリスペを始めてみようという人にお勧めです。
廃猫はエグリプトガチ勢のため、エグリプトやっている人は是非交流しましょう。

また本日(7/4)の23時から、ねこどらさんのチャンネルで、んペーさんがダイヤモンドギルドについて話されます。ぜひチェックしてみてください。


ギルドの選び方

ここでは初めてクリスペを遊ぶ人に向けてのギルドの選び方をご紹介します。
ギルドを選ぶ観点はいくつかあります。

1.自分が欲しいギルドシルバーが採掘できるギルドを選ぶ

ギルドストックを買うことで他ギルドの採掘はできますが、なかなか高額です。自分が入って採掘するのがてっとり早いですね。

2.施策で選ぶ

毎月、各ギルドから施策が出るので、それを元に選ぶのは王道ですかね。
施策はだいたいギルド移行期間の最初の方に発表されます。

3.ギルマス、ボード、メンバーで選ぶ

このパターンで選ぶ人も多いと思います。

大事な点として、他ギルドメンバーは敵ではありません。
もちろんギルドバトルではゲーム内では敵になりますが、
私たちはブロックチェーンゲームの中のクリスペという小さな船の同乗者です。
この船を大きくするために、ギルドの垣根を超えて盛り上げていきましょう!

ギルドのコミュニティー

https://twitter.com/hainekolab/status/1274934848474382336

各ギルドにはコミュニティあり、基本的にはDiscordというアプリが使われています。

ダイヤモンドのDiscord

こんな感じで、メンバーと気軽に交流することができます。

オンラインゲームの醍醐味といえば、ユーザー同士との交流ですよね!

ギルドDiscordは所属関係なく全てに入って大丈夫&発言も大丈夫です。

BCGユーザーは皆同志的な雰囲気があるため、気軽に発言してみましょう。

基本的にDiscordに入っていて得をすることはあっても、損をすることはありません。

また、非公式でユーザー同士のカード売買を促進するDiscordもあります。

クリスペトレードレンタル専用Discord

こちらも入っておくと安くカードを手に入れられるかもしれません。

ただし、ユーザー同士のトレードはどうしても信頼関係が必要です。
詐欺には充分気をつけて行ってください。

ギルドに関して、ここがもっと知りたい!ということがございましたら、お気軽に廃猫(@hainekolab)までご連絡ください。

最新情報をチェックしよう!